サービスデザイン推進協議会

お知らせ

一般社団法人サービスデザイン推進協議会

代表理事 笠原英一

ホームページ
リニューアルご挨拶

一般社団法人サービスデザイン推進協議会は、2016年に、中小企業の成長にはサービス産業の生産性向上が必要で、それを支援することを目的に設立された一般社団法人です。

私、笠原英一は、私自身の研究テーマであるサービス業のデジタル・トランスフォーメーションと大きく重なるこの活動理念に共感し、2018年、2代目の代表理事に就任いたしました。

いま私どもで受託しております持続化給付金事業は、新型コロナウイルスにより多大なダメージを受けた中小企業・個人事業主にとってなくてはならないものです。
この業務執行にあたっては9,000名以上のスタッフが、一刻も早く皆様に給付金をお届けできるよう日々活動を続けております。

この度、私どもは当協議会の活動内容と持続化給付金事業の受託経緯と業務内容に関して、しっかりとご説明ができていない点について多くのご批判をいただきました。
そのことを真摯に受け止め反省し、この内容をご説明していくための情報発信のツールとしてホームページを強化・リニューアルいたしました。今後、積極的に活用してまいります。

私どもは、本事業を受託した重みを痛感しております。
迅速な給付に向けこれからもできうる限りの努力をしてまいりますので、ご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

TOP PAGE